スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『サ行』までしか言えなくてもイケメンになりたいです。

波乗りの楽しさにとりつかれたサーファーにとって海の近くに住むのはみんな夢だった。

波さえあれば何もいらない…みたいな。

毎日が楽しくて仕事もしないで海のまん前に住み、波に乗り続ける人たちもたくさん見てきた。

でもそれじゃあサーフィンに誰も憧れないんじゃないかと。

仕事もバリバリやって波乗りも夢中でやる。

休みは早朝から海に行って一日を全開に楽しむのがかっこいい


そんな海に夢中で一緒に通い続けた仲間の一人。

じゅん
3、4年前に台湾で民宿とサーフショップをブッ建てて商売しながら毎日デカイ波に乗ってるJUN。
(東台湾 熱帯低気圧 で検索するとでてきます)

先住民の子供達に海の楽しさを教え、過疎化にまで貢献している。

サーファーとしては憧れのこんちきしょうの存在です。

僕もいつかは海にゲストハウスを作りたい。

今度彼と会う時に「俺もこっちで商売頑張ってるよ」かっこつけられるように毎日気合い入れて仕事したいと思います。

毎日ビックウェーブに乗る彼にとって僕のサーフィンの腕前は鼻毛レベルだと言われてしまうかもしれないけど…



KAWAMURA

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。