スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おなら、我慢しなくていいんだよ。いやいや、してませんから!むしろネタにしてますから!!

チョリス~~昨日、まっぱで50m走してる夢を見た森川です
(願望か?だとしたらやばいなぁ


しかも、一人で走ってるのに世界記録出してました
(うん、参考記録ね)


ついにいっちゃうよ~~予告してたあれ・・・。


序の口力士  森麗こと、森川勇樹伝説を!!


その1 ある日のこと、兄弟4人で留守番をすることになった。

各自思い思いのひまつぶしをしているときのことだった・・・。

突然、勇樹が「マジカルチェンジしようぜ!」と。

マジカルチェンジとはその昔、一世風靡した番組「マジカル頭脳パワー」

という番組のひとつのコーナーで、「チェ~ンジチェンジ、マジカルチェンジ」

というリズムに乗せてお題から始まる文字を1文字ずつ変えて違う文字にしていくという、

いたってシンプルなゲームだ。例えば、「ナイフ」という字を1文字変えて、

「ワイフ」(妻)みたいなやつ。

じゃあやってみようとなり、お題は勇樹に合わせて「スモウ」でいくことにした。

そして事件は起こった。しょっぱなの事。

「チェ~ンジチェンジ、マジカルチェンジ!」

「スモウという字を1文字変えて・・・、」

勇樹はこう言った。


「投・げ・る!!」と。

3文字替えとるやん

一瞬なにが起きたか分からず、少しの間のあとに大爆笑の渦に巻き込まれたことは

言うまでもない。

じゃあ分かったと。もう一回やろうと。

「いいか勇樹。3文字のうち1文字だけ変えるんだぞ!」

「おっす!」

「投げる」という字を1文字変えて、


「ツ・ヨ・イ!!」


もう駄目だ。止まらない。単なる連想ゲームになっとるやん

こっちも意地だ。続行させる。

「ツヨイ」という字を1文字変えて、

「ア・ケ・ボ・ノ!!」

もう駄目だ。いい加減にしろ。1文字変えるどころか、増やしてんよ

勇樹、小3の時の出来事でした


こんなの氷山の一角にすぎないですよ~


おいしいら~めんのお供に、「勇樹の小話」はいかがっすか~

お店でお待ちしております


東葛まるかく 森川





コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。