スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近のヒット

こんばんは!!

新松戸店たかしです!!

今日も一日穏やかな天気ですごしやすかったですね♪♪

最近の新松戸のヒット商品のお話なんですが、最近はよ~くバターが出ましたね~♪

ノーマルのバターラーメンももちろんですが、トッピングでみそや塩にトッピングするお客さんがここ2週間かなり増えましたね(^_-)

ご来店のたびに毎回バターをトッピングしてくれる方も結構多いですね~♪

基本的にはバターはらーめんに直接乗せてご提供していますが、バターを後半に投入したい!!というお客さんはバター別皿でご注文ください♪♪そしてご自分のタイミングでバターを投入して楽しんでください(^-^)

また、相変わらず、トッピングうま辛ジャンも絶好調継続中です♪♪

僕的お勧めは、この人気トッピングの合わせ技で「みそつけ麺」にバターとうま辛ジャンをダブルで投入しちゃってください!!

ジャンの辛みと、バターのコクがたまらなくうまいんですよねー♪♪


是非お試しください!!
スポンサーサイト

やったろやないかい!!

出てましたね。予告サイン


森川です。


やったりましょうよ殿堂入り


って思ってんの俺だけかもしんないけど・・・。


いろんな意味で話題性のあるらーめん屋にしてやる


待ってろ辻 希美


待ってろしょこたん


待ってろ上地 ゆうすけ



高ぶってきたところで、現場にお返ししまーす


東葛まるかく 森川

森うらら2


応援してちょ

引越しですか~~~!!

雅商會     おやじブログその225

引越しするとは聞いていましたがアメブロですよ~~

なんかマイナーリーグからメジャー昇格のような気分


本日の話題は南瓜の種

松戸市出身の宇宙飛行士山崎さん何と相模台小学校

ちょ~~地元じゃ~あり~ませんか

なんでも10数年訓練してやっと4月5日にスペースシャトルで国際宇宙ステーションに向かう予定らしく

その時に松戸の南瓜の種を持っていくそうです

個人の飛行記念品らしく実験ではないみたいですが

次に新聞に載る記事は宇宙南瓜で美味しい料理を作りました

なんてのが載るんじゃないんですかね

味が変わるかどうかは気分しだい

大人のロマンっ~やつですよねわかるな~~


学校の給食もそろそろお終い早くこいこい春休み

休みに入ったらお昼はらーめん&もりそば夜もラーメン&つけ麺

食べに来てくださいよ~~~

明日も皆さんのご来店お待ちしております

ミラクル 

fujii.jpg
何に見えますか


すごい記事を見つけました 

どーも、南流山のヤングマンことフジイです


写真は、名古屋市に建設中の名古屋市科学館のプラネタリウム。直径40メートル。
ギネスブックに登録されている愛媛県総合科学博物館を越えて世界最大。氷点下30度の部屋でオーロラを楽しめる「極寒ラボ」も。来春完成予定


世間のことは置いといて・・・ スタッフ紹介を締めくくる南流山のボス(店長)を紹介します

椎名店長は、20歳くらいから今まで、ずーっと飲食業に携わっているみたいです
鉄板焼き屋、バー、居酒屋などなど、ざまざま



そんな椎名店長ってどんな人 知りたいですよね

こんな感じです








しいな2
やばくない

冗談はおいといて、真面目にいきます

椎名店長です





しいな1
結構、似てる


これで椎名店長の紹介を終わります

でわ、明日


おなら、我慢しなくていいんだよ。いやいや、してませんから!むしろネタにしてますから!!

チョリス~~昨日、まっぱで50m走してる夢を見た森川です
(願望か?だとしたらやばいなぁ


しかも、一人で走ってるのに世界記録出してました
(うん、参考記録ね)


ついにいっちゃうよ~~予告してたあれ・・・。


序の口力士  森麗こと、森川勇樹伝説を!!


その1 ある日のこと、兄弟4人で留守番をすることになった。

各自思い思いのひまつぶしをしているときのことだった・・・。

突然、勇樹が「マジカルチェンジしようぜ!」と。

マジカルチェンジとはその昔、一世風靡した番組「マジカル頭脳パワー」

という番組のひとつのコーナーで、「チェ~ンジチェンジ、マジカルチェンジ」

というリズムに乗せてお題から始まる文字を1文字ずつ変えて違う文字にしていくという、

いたってシンプルなゲームだ。例えば、「ナイフ」という字を1文字変えて、

「ワイフ」(妻)みたいなやつ。

じゃあやってみようとなり、お題は勇樹に合わせて「スモウ」でいくことにした。

そして事件は起こった。しょっぱなの事。

「チェ~ンジチェンジ、マジカルチェンジ!」

「スモウという字を1文字変えて・・・、」

勇樹はこう言った。


「投・げ・る!!」と。

3文字替えとるやん

一瞬なにが起きたか分からず、少しの間のあとに大爆笑の渦に巻き込まれたことは

言うまでもない。

じゃあ分かったと。もう一回やろうと。

「いいか勇樹。3文字のうち1文字だけ変えるんだぞ!」

「おっす!」

「投げる」という字を1文字変えて、


「ツ・ヨ・イ!!」


もう駄目だ。止まらない。単なる連想ゲームになっとるやん

こっちも意地だ。続行させる。

「ツヨイ」という字を1文字変えて、

「ア・ケ・ボ・ノ!!」

もう駄目だ。いい加減にしろ。1文字変えるどころか、増やしてんよ

勇樹、小3の時の出来事でした


こんなの氷山の一角にすぎないですよ~


おいしいら~めんのお供に、「勇樹の小話」はいかがっすか~

お店でお待ちしております


東葛まるかく 森川






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。